婦人

金の糸で若々しい肌を取り戻そう|顔だけでなく体にも使える

目のクマは病気のサイン

目元

徹夜をしたときにできる目のクマですが、ただのクマだと侮ってはいけません。もしかするとそれは病気が原因でできたクマかもしれないのです。目のクマの種類別に考えられる病気をまとめてみました。一つ目は青クマです。最も多いタイプで、睡眠不足などによる血行不良が原因です。しかし、中にはちゃんと睡眠をとっているにも関わらず青クマがなくならないことがあります。その場合は、肝臓や腎臓が何らかの病気かもしれないので、念のため病院で検査をしてもらうようにしましょう。二つ目は黒クマです。黒クマは加齢によってできる目の下のたるみが原因と言われています。しかし、それ以外の原因としてバセドウ病の症状によるものもあります。バセドウ病の症状として眼球が出てくることがあります。眼球がでてくることで目の下に影ができて黒クマとなります。少しでも異変を感じたらすぐに病院で診てもらうようにしましょう。三つ目は茶クマです。茶クマは目の周りが色素沈着を起こすことでできるクマです。目をこすりすぎると茶クマになりますが、中にはアトピー性皮膚炎や花粉性皮膚炎で茶クマができている場合もあります。目のクマは美容クリニックで治療することができます。ヒアルロン酸注入やレーザーによる色素沈着治療などその人に合った治療法で目のクマをなくすことができるのです。しかし、目のクマは単に寝不足や疲労でできるだけでなく、病気が原因の場合もあるということを頭に入れておきましょう。

Copyright © 2016 金の糸で若々しい肌を取り戻そう|顔だけでなく体にも使える All Rights Reserved.